注目!

colb_bn

メルマガバナー

記事のカテゴリ
関連情報
「早寝早起き朝ごはん」

オヤコラボは文部科学省が推進する「早寝早起き朝ごはん」運動に賛同しています。

実績

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 実績
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed

実績のご紹介

ケース1

【業種】

製造業  社員100人

【もともとの悩み】

  • 社員の電話応対の評判が良くない。「ちゃんと伝言しない」「敬語が使えない」「伝言の要領が悪い」
  • 職場のコミュニケーションが円滑じゃなく、業務遂行に支障をきたしている
  • 営業社員の営業先での粗相が目立つ

【私たちが提供したサービス】

  • 電話応対研修 :全社員対象、4時間×1回
  • マナー研修 :全社員対象、6時間×1回
  • コミュニケーション研修 :主任以上(70名)、4時間×3回
  • ボイストレーニング :営業社員(20名)、2時間×3回
  • 個別セッション :管理職以上(30名)、1時間×12回

【得られた成果】

  • 電話応対が良くなったとお客様より好評いたくようになった。
  • 営業部門の社員が、お客様のところに訪問する際、自信をもって行けるようになったので、成約率が概ね3割上がった。
  • 職場での会話が増え、仕事の流れがスムーズになり、問題発見から解決までの時間がスピードアップした。
  • 自分の気持ちを伝えられるようになって、ストレス軽減につながり、社員の満足度があがった。

line

ケース2

【業種】

サービス業 社員150人

【もともとの悩み】

  • 社員同士のコミュニケーション不足が業務遂行を妨げていた。
  • 社員からの積極的な意見が出にくく、受動的。
  • 社員の電話応対が悪い。
  • 新入社員の育成の仕方や関わり方に中堅社員が悩んでいた。

【私たちが提供したサービス】

  • 電話応対研修 :管理部門と営業部門(25名)、4時間×1回
  • マナー研修 :管理部門と営業部門(25名)、6時間×1回
  • チューター研修 :チューター社員(20名)、6時間×1回
  • 新入社員研修 :新入社員(20名)、7時間×5回
  • コミュニケーション研修 :主任以上、4時間×6回
  • 個別セッション :主任以上、1時間×12回

【得られた成果】

  • 職場のコミュニケーションが円滑になり、雰囲気が変わったので、一人一人が積極的な意見をだし始め、生産性向上へと繋がった
  • 中堅社員が自信を持って部下に関わるので、指導のコンセプトが明確になって、新人の成長が著しくスピードアップした。
  • 電話対応の質がよくなったので、お客様の本音が聴けるようになった。

line

ケース3

【業種】

全国に店舗を展開するサービス業  社員100人

【もともとの悩み】

  • 自律的に行動できる社員が少ない。
  • 事業が急拡大したので中途採用の社員と既存の社員との意識の格差が開いている。
  • 企業理念や戦略が浸透せず、経営者の意図が現場に伝わらない。
  • お客様の声・要望を把握したいがどのようにすればいいかわからない。

【私たちが提供したサービス】

  • 組織活性化の仕組み「対話の場」を設けた  管理職対象 月1回
  • コミュニケーションスキルをベースにしたホスピタリティ研修 管理職対象(40名)、7時間×1回

【得られた成果】

  • コミュニケーションスキルに対して自信や確信をもてたので、現場でお客様に対して自然に使用することができた。更に社員同士のコミュニケーションが促進され、社員の一体感が高まった。
  • お客様の声や要望を聴くことで、お客様の満足度が向上し、リピートが増え売上が上がった。
  • 経営者との自由な話し合いの場を設けたことで、社員が企業理念に関して臨場感を持って理解できるようになって現場社員にも浸透した。

line

ケース4

【業種】

自治体関連団体  500人(政令指定都市)

【もともとの悩み】

  • プロジェクト推進においてメンバーがコミュニケーション上の衝突が起きていた。
  • どのように市民と接したら良いかわからないメンバーが多く、プロジェクトがなかなか進まない。

【私たちが提供したサービス】

  • コミュニケーション研修(アクティブリスニング研修) 選抜メンバー80名 4時間×2回

【得られた成果】

  • コミュニケーションスキルを学習した結果、研修に参加したメンバーが自律的に動けるようになった。
  • お互いの考えをじっくり聴くことでプロジェクトのメンバー全体の一体感が生まれた。
  • 市民とのコミュニケーションが活性化されたので、当初計画にはなかった市民の参加が活発となってプロジェクトの進行が促進された。

line

ケース5

【業種】

製造業  社員9000人

【もともとの悩み】

  • メンタル不全の部下を抱えて、どう対応したらよいか困っている管理職が増えた

【私たちが提供したサービス】

  • 管理職向けメンタルヘルス研修 : 管理職(45名)、7時間×1回

【得られた成果】

  • メンタルヘルスの基礎知識を習得することができ、現場の部下の対応への不安が和らいだ。
  • メンタルヘルス不全の部下に対する偏見がなくなった
  • メンタルヘルス不全の部下へ、自信を持って対応することが出来た。

line

ケース6

【業種】

教育機関  50人

【もともとの悩み】

  • 生徒の気持ちに寄り添うことが出来ない講師が多い
  • 講師のコミュニケーション力を向上させることで、生徒の勉強へのモチベーションアップ、進学率向上につなげたい
  • 生徒をやる気にさせるような講師に育ってほしい
  • 生徒の親とのコミュニケーションを円滑にしたい

【私たちが提供したサービス】

  • コンサルティング → 生徒のヒアリングや講師のヒアリングを含め、対策を提案
  • コミュニケーション研修 : 講師30名 4時間×6回

【得られた成果】

  • コミュニケーション力を磨くことによって講師の魅力が増し、生徒のモチベーション向上に繋がった
  • 生徒の親から、塾との意思疎通がとりやすくなったと喜ばれた。