注目!

colb_bn

メルマガバナー

記事のカテゴリ
関連情報
「早寝早起き朝ごはん」

オヤコラボは文部科学省が推進する「早寝早起き朝ごはん」運動に賛同しています。

Archive for 7月, 2011

ワー育カフェ(2011年7月23日)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ワー育カフェ(2011年7月23日)
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed

wa-iku07232

ここ数日、少し暑さが和らいで涼しい日が続いていますが、その寒暖の差がかえって体調管理を難しくさせている感もあり・・。

ワー育ママ達の中でも体調を崩されたり、お子様が体調を崩されたり。

直前キャンセルが相次いだ回となりました。

お会い出来なかった方は残念でしたが、またFacebookで繋がりながら次回お目にかかれることを楽しみに♪

今回のワー育カフェは、『タイムマネージメント』をテーマにしました。

私が今一番気になっていて、”どうにかしたい!!” と思っている”時間が足りないっ!!” について、どうにか解消したかったので。

参加されたワー育ママ達に時間について伺うと、


  • 「時間がない。」
  • 「やりたいことや、やらなければならないことが山積。」
  • 「育児、家事、仕事で手いっぱいで自分の時間がない。」
  • 「自分を大切にできていないかも。」
  • 「夫にあたってしまう。」
  • 「忙しい分のしわ寄せが子供にいってしまっていると思うこともある。」
  • 「子供を寝かしつけた時に自分も一緒に寝てしまえたら・・・。」


等々の意見が出ました。

そんな現状を把握した後、”あれもこれも”をこなしていく為の工夫や考え方の話に移りました。


  • 「仕事のoutputの基準値(自分の中での)を割り切る。」
  • 「やり過ぎなくて良いよ。と自分に声かけする。」
  • 「ワー育ママはいつも自分を責めすぎなのではないか。」
  • 「お掃除とか、外注できることは外注していけばよい。」
  • 「夫がいたら育児をお願いして自分の時間をつくる。」
  • 「人、お金をつかって解決できるものは解決していくのも手じゃないか。」


と、これも沢山の意見が出ました。

その中で、一日の時間の使い方の話に話題はシフトし、

『作業効率の良い朝の時間をもっと有効活用するのはどうか』

という1つの結論が出ました。

これに一同納得。皆さん一度試したことがあったり、興味があったりしていたようでした。

でも夜型生活を朝型生活に切り替えるというのは結構大変なこと。

子供達が寝静まった後、夜の時間の楽しさもありますからね(笑)。

でも、仲間で励まし合ったりコミットメントし合ったりすれば、楽しく前向きに朝型生活を送ることが出来るのでは?

ということで、

facebook上に「朝育」というグループ(かファンサイト)を立ち上げ、
・朝起きたよ!コール
・これから◎◎やりまーす!コール

をして、皆で楽しく朝育生活を始めることになりました★

もちろん、朝育というネーミングも皆で練りました♪

これが決まった時点でどれだけ私がこれまで抱えていた日々の悶々(やれてない自分を責め続けていた私・・・)から解放されたことか!!!!

気分爽快!

気持ちが晴れ晴れとして、本当にうれしかったです!!!!

朝育メンバーは、随時募集中です。

#因みに、朝育の由来ですが、
朝育=朝、育自(自分育て)をすることで自分がハッピー。
ママがハッピーなら子供もハッピー。 家族みんながハッピー! です。

そんなこんなで、今回も大変有意義なワー育カフェでした。

参加者の皆さま、今日もありがとうございました!

wa-iku07231

<<本日参加のワー育ママたちの声>>

  • 「少人数なのも、かえってじっくり話せてよかったです。」
  • 「タイムマネージメントのこと、理解しやすく、具体的な方向がみえました。」
  • 「朝育は、人生を変える転機になります。」
  • 「すごく前向きな気持ちになれました。」
  • 「朝育、がんばるぞ~!!!」

次回のワー育カフェ開催は、9月17日に決定しました★

お楽しみに~!!!

[教師]リポート721

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - [教師]リポート721
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed

平成5~6年生まれのうちの生徒達が、今の時点で結婚や出産に関して一体どの位の現実味があるのか?

そこで今回は、日本の平均アレコレを取り上げてみました。

平均アレコレ、まずは初婚年齢!

平成21年の平均だと、男性30.4歳      女性28.6歳
年齢が高いのでみんなビックリ。

続いて初産年齢。
これは平成20年の平均で、29.5歳。
この平均値、結婚平均年齢に比例し、昔に比べるとかなりなハイペースで上がってきています。

ここでみんなに質問。
自分が生まれたのはお母さんが何歳の時?

これまた30歳と答えた子ばかり。
わからない子は夏休みの宿題に!

出生率は40年前に比べると半分に減少。

生徒達からは『えー、やっぱ景気が悪いから子供産めないのかなー?』の声。

実際、保険会社の試算によると出産から大学卒業までの養育費プラス教育費でオール国公立で、2859万円。
オール私立理系だと、4051万円。

これを聞いたやんちゃなK君。
『そんな大金掛けて育ててくれたのーーー!?
俺、育ててもらった分は働いて返そうと思ってたけど、そんなに返せないよぉ!!』
と、悲鳴にも似た声。

私。『その気持ちをご両親に伝えるだけでも喜ぶと思うよー!』

そう、自分の子供にしていけばいいんですよね(^O^)

さて、夏休み前、最後の授業は楽しくあっという間に終了。

次回は9月。

もうその頃には生徒達も進路の確定です。

[教師]レポート7/14

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - [教師]レポート7/14
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed

今日の授業はDVDは使わず、完全Face to face。

受精から生後10ヶ月までの赤ちゃんの特徴を学びました。

受精後2ヶ月位の間の喫煙やアルコールが胎児に与える影響を知った生徒達はかなり衝撃を受けていました。

そして新生児クイズ!!!

新生児に備わっている原始的能力、3つあげなさい。

これは意外にも男子が正解\(^o^)/

皆さんはお分かりですか?

正解は

1.口に入ったものを吸う
2.手の平にふれた物を握る
3.一日の大半眠る

誰に教わった訳でもないのに、生きる術として身についているんですね。

もう一つ、生徒達が喰いついた話題。

それは赤ちゃんが泣いた時の対応。

泣くのはお話がまだ出来ない赤ちゃんが発信する信号です。
その信号にお母さんが即座に対応してくれると、赤ちゃんは『自分は影響を与えることが出来る存在』と学習していきます。
それが、泣いても泣いても誰も反応してくれないと『自分は何をしてもムダ』と学習していきます。
これを学習性無力感、といいます。
こんなことが生後一ヶ月で既に始まっていることに驚いていました。

あらためて、コミュニケーションってとても大切ですね!

暑い中での授業でしたが、みんなしっかりノートをとったり質問したり。

お疲れ様でした!!!


[教師]リポート

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - [教師]リポート
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed

暑くて暑くて。。。

ダラーッとしたくなる午後の時間に、今日も授業開始です!!!

今日の授業は受精から新生児までの発達。

DVDを使った授業でしたが、映像に出てくるその目覚ましい発達に驚きの声でした。

出産シーンを観た後、例の赤ちゃん人形を抱っこした男子生徒が『これがお腹から出てくるってミラクルでしょ!!! 絶対あり得ない!!!』と言って、赤ちゃん人形をお腹に当ててみていました。

回を重ねる毎に、より具体的に感じるようになってきた様子ですo(^▽^)o

[教師]授業リポート

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - [教師]授業リポート
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed

今日はまず、前回の感想文を返しました。


私が一人一人にコメントを書いた部分を、みんなそれぞれの表情で読んでいました。

前回の『生まれる』のDVDを観る授業の時にお休みだった生徒3人が今日は出席していたのでもう一度上映しました。

初めて観る生徒はもちろん、二度目の生徒達も本当に真剣に観ていました。

こればかりは前回同様、全く表情が違います。


その後、発達心理学の話。

DVDも取り入れながら、今日は『発達心理学とは?』というところを学びました。

それぞれとったノートを提出してもらいましたが、赤ちゃんが様々なことをどのようにして覚えていくのか、その発達の仕組みに興味や関心をもったようです。

今回も赤ちゃん人形を抱っこしてもらいましたが、相変わらず大人気!

男の子の方が積極的に抱っこしたがり、『首が座ってないんだよなー』なんていいながら抱っこする姿もみんなだいぶ様になってきました(^O^)/