注目!

colb_bn

メルマガバナー

記事のカテゴリ
関連情報
「早寝早起き朝ごはん」

オヤコラボは文部科学省が推進する「早寝早起き朝ごはん」運動に賛同しています。

ワー育カフェ(2011年9月17日)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ワー育カフェ(2011年9月17日)
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed

9月中旬だというのに、まだまだ残暑の厳しい中、ワー育カフェは元気に開催しました!

写真


今回は、お子様の年齢が様々で生後6カ月~高校生まで多岐にわたっており、それに伴うワー育キャリア年数も様々。といったメンバー構成でした。

そして、職種もありとあらゆる職種!

皆さんの自己紹介を聞くだけでも十分に得ることがありました。


テーマは、『仕事モードとプライベートモードの切り替え』について。

このテーマは以前から「ワー育カフェで扱ってほしい」とご要望が多かったもので、私もとっても興味ありなテーマでした。

この On / Off 切り替えは、在宅で仕事をしている方、会社で仕事をしている方で、違いがありました。


【在宅】
あまり On / Off の境目なく、自分の裁量で自由に時間を使うことが出来る半面、ずっと仕事モードが続いている感じで、中々頭が休まらない。


【会社】
通勤電車の中が切り替えの時間になっているが、通勤時間が短いと難しくなってくるかもしれない。家にいても携帯から仕事のメールが見れたりするので、見ないようにしないといつまでも仕事モードが続く。



一例をあげるとこんな感じです。

限りない時間の中からOffの時間を捻出するための”手持ちカード”(※)を沢山もっておくことが大切。 という意見が出、皆納得! でした。
※○○を頼む人、△△をお願いする人といった具合に委託できる先


そして、ワー育の先輩からは、
「今は辛くても、頑張って続けていけば明るい未来が待っている!」
と力強いコメントも。


「辞めることはいつでも出来るから、まずは続けてみよう!」
というアドバイスも出たりしました。


確かにそうですよね。辞めることは簡単です。でも一度辞めてしまったらなかなか戻れないのが現状。 続けていく中で出てきた課題はその場で解決していけばよいわけです。


育児が終わったら介護という課題が出てくることが容易に考えられる。
今後家族や自分自身に何が起きるかわからない。健康で自分が動けるうちに、
今やりたいこと”をどんどんやろう!!

という意見も出て、皆で大きく頷きながら「そうだよね~!!!」と同意。


復職を控え、参加前にはちょっとナーバスになっていたママ。

「0か1かじゃなくて、0.5のやり方があってもよいのではないか。自分なりに育児と仕事のバランスを調整していけばよい。」

との先輩ママからのコメントに目がキラーン☆

「キラキラと楽しそうにワー育しているママ達の仲間入りを早くしたい!!」
「今すぐにでも働きたくなたった!!」

と、すごく嬉しそうでした!

写真-2


今回もとっても素敵なワー育ママ達が参加くださいました♪

魅力的なワー育ママと繋がることが出来るワー育カフェは本当に貴重な場だなぁ。と、しみじみ感じました。


素敵の相乗効果で、皆さんキラキラ度UPしていく様子を目の当たりして、一緒に参加している私はとっても嬉しくなります。

次回開催は10月22日(土)10時~

に決定しました。

お会いできることを楽しみにしています♪


<<本日参加のワー育ママ達からの声>>

  • 「皆さん迷うことや思うことは色々なんだなと思った。」
  • 「共感してもらえることは大切ですね。」
  • 「他のワー育ママの気持ちや悩みを共有して楽しく解決できるこの場はすごいなぁ。と思います。ワー育セッションとはまた違った魅力です。」
  • 「新しい発想、発見があり面白かったです。また来ます!」
  • 「参加直前までは、専業主婦も楽しいかも。と思っていましたが、参加してみて、速攻で仕事をしたい気分になりました(笑)」
  • 「社会人として、妻として、母として、一人の女性として、色々な価値観・想いが共存するということを子供に伝えていきたいです。」
  • 「素敵な方が多く、楽しかったです。ロケーション最高!」
  • 「時間と共感のまとめ、深く納得しました。」
  • 「快適なライフスタイルのイメージを持つことができた。」
  • 「苦労したことなどを共感できたことがよかった。」
  • 「色々話しをしたり、聴いたり、気持ちがスッキリしました。」
  • 「ゆっくり、じっくり振り返りをしていきたいです。次回が楽しみ!!」
  • 「自分の中でとまっていた将来に対する思考が動き始めました。ありがとうございました!」




Comments are closed.